24.06.2013

プランナー 案件

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

エンジニア系の仕事をしている方に多い悩みが、「勤務時間が長い」「休日出勤が多い」「給料が少ない」など色々あります。

もし、その悩みが耐えきれなくなって転職を考えているのであれば、まずは求人サイトをチェックしましょう。

求人サイトも一つだけでなく複数のサイトをチェックすべきです。

その複数のサイトの中でも、大手のサイトだけでなく、エンジニア系の専門性の高いサイトもチェックしましょう。

【専門性の高いサイトをチェックすべき理由】

専門性の高いサイトチェックすべき理由は、より高度な検索方法があるからです。

その検索方法は、今までの経験やスキル、ポジション、保有資格をベースに検索できるということです。

例えばあなたがプランナーを経験したことがあるのであれば、その経験を軸に検索できますし、マルチメディア検定など資格を持っていれば、その資格の求人も見ることが出来ます。
【同時にキャンペーンもチェック】

先ほどのようにどのような検索ができるのかというのも重要ですが、サイトによってはキャンペーンを行っているものもあります。

その中の一つのキャンペーンを紹介します。

それは、もし求人サイトに新規登録し、転職先が正社員か契約社員かで決まると、祝い金がそのサイトの運営会社から支払われるというものです。

最大50万円支給されるものもあるので、こういったところもチェックしましょう。

22.04.2013

SE フリーランス

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

SEとして働いている人も多いでしょう。いまいち、自分がしている仕事と目指す方向性が違う…こういったことに悩んでいる方もおおいかもしれません。仕事ですから、自分から色々な仕事を企画してできることとできないことがあります。たとえば、フリーランスの求人を探して、そういった業務を行うのもいいかもしれません。業務委託の求人を利用することで、たくさんの案件に関わることができ、あなたの総合力を高めることができるはずです。

フリーランスのSEとして活躍されている方も応募可能なサイトはこちらです

<フリーの求人を探そう>
フリーランスの求人情報、最近特に多くなっています。インターネットとパソコン一つあればある程度の仕事をすることができる世の中になっているからです。たとえば、フリーランスのSE案件となったとしても、海外を相手取って仕事をしている人も多くいます。

<仕事の流れを掴む>
こういったフリーランスの案件の場合、自分で探すことができます。インターネット上に多くフリー案件を募集しているところがあり、その中で貴方に合った求人を探すことができると言えるでしょう。まずはインターネットから応募、場合によってはコンペがあることもあります。それが終われば実際の業務です。中長期的な案件もありますので、安定して仕事が欲しい人はそういった案件を探しましょう。

18.03.2013

ネットワークエンジニア 仕事

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

エンジニアとして専門的に働いている人もおおいはず。実はエンジニアには、いろいろな職種があり、それぞれが高い専門性を持って仕事にあたっています。今回は、こういったエンジニアの仕事について簡単にご紹介していきたいと思います。今後、エンジニアとして働くつもりがある、エンジニアになりたい、と思っている人は是非参考にされてみてください。

<インフラエンジニアとは>
エンジニアの中でも根幹部分をつかさどるのがインフラエンジニア。名前通り、システムの基盤を管理するエンジニアとなります。さまざまなエンジニアの業務はこの上に成り立っています。ここが揺らいでしまえば、全システムに影響が出ることになります。インフラエンジニアはそういったことにならないようにいろいろなテストなどを繰り返します。

<ネットワークエンジニア>
インフラエンジニアの基盤に載って仕事をするのが、ネットワークエンジニア。たとえば企業内のクラウドシステムの構築、団体のグループウェアの作成などに関わります。年収が高いところも多くなっており、エンジニアの案件の中でも人気が高い職種です。

このように、いろいろなエンジニアの仕事があります。他にもいろいろな職種がありますので、是非調べてみてください。

19.12.2012

システムエンジニアのやりがい

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとしてのやりがいはやはり自分で作ったものが動いた時が
一番のやりがいになるはずです。
仕事で経験していく中で覚えていった仕組みを使い、
お客様が求めているものが出来上がってそれが実際に動いた時は
感動します。
しかし、バグがあって動かない時には途方に暮れてしまう時もあります。
次の日に寝ておきると打開策が思い浮かぶ事もあります。
こうした苦労があって動いた時の感動はひとおしです。
また、そのシステムを見知らぬ多くの方々が利用して、
喜んで下さっている姿を想像するとワクワクもしてきます。

ネットワークの面白さを実感できることもやりがいでしょう。

一つのシステムの完成には多くのメンバーが関わるので、
そのプロジェクトメンバーとやりがいを共有することは喜びです。

19.11.2012

システムエンジニアになるには

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、現在求人が多く、活躍の場も沢山あります。
システムエンジニアになるには、どの学校に何年通い、卒業し、
こうした試験に通ればなれる、という条件はありません。
つまり、資格や学歴は必要ありません。
会社によっては、未経験者も歓迎というところも多くあります。
ただし、そうした会社でも、資格を持っている人を歓迎といった項目はあります。

システムエンジニアになるのに役立つ資格は多数あり、
それを学ぶための学校は、大学、専門学校、講座などがあります。

システムエンジニアになるために役立つ資格には、
マイクロソフト認定技術者のMCP、プログラミング言語のJava、
ネットワーク界で武器となる資格のCCNP、Linux技術者認定試験のLPICなどが挙げられます。

システムエンジニアになるための学校で学んだ場合、
卒業後は、ソフトウェア関連の会社や、システム開発の会社、web制作の会社、
ゲームやシステム部門、インターネット関連、ロボット関連などの仕事に就くケースが多いです。

また、そうした学校を卒業していない、まだ資格を持っていないといった場合でも、
会社によっては、勤務しながら資格を取得できるというスタイルをとっているところもあります。
教育制度のしっかりとしている会社や、人材育成に力を注いでいる会社では、
そうした方針をとっていることが多いです。

14.10.2012

C++とは

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

C++の前身に、C言語(単にCと呼ばれることも)があります。
C言語は、1970年代にアメリカのベル研究所によって開発された
コンピューターのプログラム言語で、
人にとってわかりやすい所謂高級言語と呼ばれるものです。

C++の開発をしたい方は下記に募集情報が掲載されています。

またこのC言語は、UNIXというOS(コンピューターを動かす基本的なソフトウェア)を
記述するために開発されたこともあり、
UNIX系のOSであるLINUXなどにも標準で、コンパイラ(高級言語で書かれたプログラムを、
コンピューターで実行できるように変換するソフトウェア)がついています。

そしてC++は、C言語を改良したもので1980年代に登場しました。
このプログラム言語は、C言語との互換性をできるだけ持つように設計され、
C言語で書かれた資産を利用できるように配慮されています。

また大規模なプログラムを作るときには、複数の人数での開発が避けられません。
そのためプログラム全体を構成する時に、それぞれ別個に書かれたプログラムの不具合が、
他のプログラムに影響を与えないようにしないとプログラム構築の効率が非常に悪くなるため、
最初に、クラスと言う概念が導入されました。

そしてこのクラスをC言語に追加したものが、最初のC++というわけです。
その後も、仮想関数、多重継承などの機能が追加され、2011年に制定されたものが、
現在の最新のものになります。

Tags:
19.09.2012

ソーシャルゲームの開発案件

posted by admin

in システムエンジニア(SE)

ソーシャルゲームの開発案件とは、パソコンやスマートフォン、携帯電話を利用して、
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上で提供されている
ソーシャルゲームの開発をするシステムエンジニアを募集している案件のことです。
ソーシャルゲームは、そもそもユーザー同士が交流関係や繋がりを持つため、
その一環として考えられたゲームです。
ランキング表示やキャンペーンなどを行って飽きないようにしてもらい、
長期間遊んでもらうように工夫はしていますが、やはりゲームは飽きやすいものです。
飽きたら次のゲームができるように、ソーシャルゲームの開発案件の求人が多数あるのが現状です。

ソーシャルゲームの開発案件を作成するために必要なスキルとして、
最低限でもJavaScript、HTML、CSSでの開発経験が必要になります。
尚あるとよいスキルは、UI、UXに知識があり、HTML5アプリケーションが開発経験があることです。
報酬は安くて2、30万円~、高くて100万円もあります。
1つ作成するだけでかなりの高収入になります。
ソーシャルゲームの開発に携わるシステムエンジニアも意外と多く
、ゲーム開発に苦労はするものの、報酬が高いのでがんばって作成するようです。
これからどんどん需要が高まる仕事と言えるでしょう。